管理人オススメの資産運用記事とこれまで公開した記事一覧

株式投資をするなら営業キャッシュフロー計算書がマイナスな企業は危険なので注意しよう

大塚家具キャッシュフロー 投資知識
大塚家具の経営は苦難が続いている。
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、株式投資に取り組んでいる方に向けた記事となります。

株式市場では、大塚家具の決算が発表されヤマダ電機との提携が話題となると同時に既存店売り上げの減少や経常利益がマイナスである事が話題となっています。

今回は、赤字決算が進み事業運営が危ぶまれつつある大塚家具の状況をキャッシュフロー計算から読み解いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

株式投資と財務諸表(決算短信)

株式投資と四半期毎に公表される企業業績を確認できる決算短信(財務諸表)は切っても切り離せない関係があります。決算短信は、企業の成績書とも呼ばれ業績や財務体質など様々な情報を投資家に提供します。
財務諸表は主に、企業の財務体質を明らかにする「貸借対照表」、事業運営でどの様に収益が上がっているか確認できる「損益計算書」、お金をどの様に調達してどこに使用しているのか確認できる「キャッシュフロー計算書」で構成されています。
今回の記事でポイントとするキャッシュフローの流れについては、損益計算書を見る事で確認出来ます。

キャッシュフロー計算書は、営業CF・投資CF・財務CFの3つで構成される

キャッシュフロー計算書は、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの3つから構成されています。

キャッシュフローという言葉からも分かる様に、企業活動における現金の移動にスポットを当てた事業報告書となります。

大塚家具のキャッシュフロー計算書を確認してみる

大塚家具キャッシュフロー

大塚家具の経営は苦難が続いている。引用:Ullet

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは、その言葉通り事業を通じてお金を稼ぎそれを維持出来ているのか確認出来る項目になります。

営業活動によるキャッシュフローがマイナスという状況は基本的にあまり望ましい傾向ではありません。それは、事業活動を通じての利益が上手く現金化されていないからです。

利益=売上金額ー仕入金額

利益は、売上金額から仕入金額を差し引きする事で求める事が可能です。

企業の仕入(買掛金)や売上金(売掛金)の回収は、現金ではなく支払手形やファクタリング(電子債権)という方法で回収される事が多いです。

手形やファクタリングは売上が確定してから入金されるまでに3〜6ヶ月程度かかるのが一般的です。

大塚家具の様な家具の販売会社では、商品は店頭に並べる物に加えて在庫を抱える必要があります。

よって、基本的には売れない余剰在庫を出来るだけ少なくして高単価の商品を多く売る事が出来なければ営業キャッシュフローの改善は難しいと考える事が出来ます。

営業キャッシュフローのまとめ:単年のマイナスは、事業の状況によっては問題とはならない。しかし、2期や3期連続で営業キャッシュフローがマイナスする企業は危険。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは、企業が事業活動をする上で必要な施設や設備への投資が該当します。

大塚家具の場合は、店舗を構えてそこに家具を配置お客さんに物を買ってもらう事で利益を上げる小売業です。

よって、出店先のビルテナントの賃貸料や本社機能を維持する為に導入しているIT機器やPC環境へ現金を使っている事が予想されます。

投資活動によるキャッシュフローまとめ:基本的に投資キャッシュフローはマイナスにである方が健全な状態であると言われる。特に上場企業は利益をあげ続ける事が義務付けられている為、新たなビジネスモデルや設備への投資が多くある事が好まれる。
フリーキャッシュフローがマイナスなのは危険
フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー ー 投資キャッシュフロー
フリーキャッシュフローがマイナスというのは、事業のサイクルできちんと現金が企業内に残っていない状況です。自前での資金調達が困難である場合は、融資や増資などによる他人資本の調達が必要であり余り好ましい状況とは言えません。

財務活動のキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローは、営業活動や投資を行う上でどの様にして現金を確保しているのかを捉える事のできる項目となります。

財務活動によるキャッシュフローは、銀行からの借入金(融資)や株式発行による資金調達方法でどれくらいの現金を集めたのかが分かる項目となります。

財務体質が健全であればプラスになる事が多い項目です。

大塚家具は、かつて無借金経営が売りであった為、2017年12月期までは、マイナスの財務キャッシュフローでした。

大塚家具決算短信

財務キャッシュフローがプラスで現金も減っている。引用:大塚家具 決算短信より

しかし、2019年2月15日に発表された最新の決算短信ではついにプラスの財務キャッシュフローに転じいよいよ追い詰められつつある状況である事が伺えます。

財務キャッシュフローまとめ:財務キャッシュフローは、営業や投資をした上で借りたお金をきちんと返せていれば、支払いの方が多くなる為マイナスとなるのが健全なキャッシュフローです。逆に言えば、財務キャッシュフローがプラスの場合は、借りたお金や赤字補填の為に増資や新株発行などを行い現金を集めていると考えられ自転車操業に近い可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました