投資初心者におススメしない?信用取引の特徴についてまとめてみた

株式投資

こんにちは、こんばんわ。

日経平均が急落していますね。大きな含み損を抱えてしまった投資家の方もいるのではないのでしょうか?
本日は、株式投資における信用取引と空売りについて記事をまとめてみたいと思います。

    信用取引のポイント

  1. 過剰なレバレッジはかけない
  2. 損切りラインは明確に

以上の2点を抑えていれば大怪我はしないはずです。

私は失敗して何度も追証になった事があります。この記事を読んでいる方は私と同じ失敗をしない様に気をつけて下さいね。
スポンサーリンク

信用取引とは?

信用取引とはなんなのでしょうか?

簡単に言うと現金や代用有価証券を委託証拠金として預け入れることで証券会社にお金や株を借りて株式を売買する方法です。

代用有価証券
代用有価証券とは、株式や投資信託、債券などです。株式は、評価額の80%、国債であれば90%まで証拠金として評価されます。
信用取引には、最低委託保証金というものを差し入れる必要があります。
最低委託保証金
最低委託保証金は、30万円以上です。上記の通り株式や投資信託を保証金の代用として利用する事ができますが、株価が下落すると不足金分の保証金の入金を求められます。

信用取引の種類

  1. 信用売りの共通部分
  2. ・制度信用なら証券取引所、一般信用なら証券会社が指定した銘柄で信用売りができる。

  3. 制度信用
  4. ・返済期限6ヶ月と決まっている

  5. 一般信用
  6. ・当日~無期限までコースによる

一般信用取引と制度信用取引

信用取引には、一般信用取引と制度信用取引の2種類があります。

信用買い

委託保証金の3まで建玉を立てることができます。
自己資金にレバレッジをかけて投資ができる事がメリットです。しかし、逆に評価損が出た場合委託保証金が足りなくなり、後述の追証(追加保証金)求められる可能性があります。

信用売り(空売り)

前述の日証金や証券会社から株式を借りて株を売る事です。

現物で株式を持っている際に、まだ売りたくない時や値下がりが予測される、下降トレンドを描いている株式に空売りを仕掛けることで利益を上げる事もできます。

逆日歩とは

制度信用取引で信用売り(空売り)を仕掛ける時に他の投資家の新規売り注文が積み重なり、貸し出す株が無くなった際に発生する貸株料のことをいいます。

どの様な場面で逆日歩が付く?
逆日歩は、証券会社が貸し出す株を調達する際に要したコストを投資家に求めるものです。株式の調達先は、日証券や機関投資家などです。
通常時であれば、株が足りなくなるケースは少ないですが、株主優待のクロス取引が一般化した為、優待人気の銘柄は、多くの投資家が同じタイミング(権利確定日直前)に信用取引を行う為、貸し出す株が不足します。

クロス取引は、優待のタダ取りができる賢い方法だと過信すると、3,000円の優待を貰って3,000円以上の逆日歩を払うハメになる可能性もあります。

こんな言葉もあります。” タダより高い物はない ”

信用売りのメリット

現物株の下落時のリスクヘッジが可能

個別株であれば決算前に信用売りをすることで下落時のリスクをヘッジすることができます。ただし、決算による値上がり益は放棄する事になってしまいます。

信用取引のリスク

信用金利がかかる

信用取引は、日証券や証券会社から株式もしくはお金を借りる訳ですから貸主に金利を付けて返済しなければなりません。

信用取引にかかる費用
  1. 取引手数料 約定金額に比例
  2. 金   利 信用買に伴う融資に対する金利(買方金利)
  3. 貸 株 料 信用売りに伴う貸株に対するコスト
  4. 品 貸 料 信用売りに伴う貸株に対する追加コスト

なお、信用取引を行う際の金利は証券会社毎に異なりますので注意して下さい。

空売りの損失は無限

売りは命までという言葉を聞いた事があるでしょうか?
株式の買いは、最悪投資した会社が倒産し資金が消えるだけですが、理論上売りは株価がどこまで上がるのか分からない為損失は無限大だと言われます。空売りを仕掛ける場合は必ず損失限定(損切り)注文を逆指値でいれる習慣をつけた方が良いと思います。

追証

追証は追加証拠金の略称です。信用取引では、保証金として30万円以上の有効委託金が必要です。委託金として、代用有価証券(株式や投資信託、債券)が利用できますが現金で30万円以上準備する事が望ましいです。信用2階建てという手法をとる事でリスクが増大します。絶対にやまめしょう。

信用2階建てとは?
代用有価証券として、預け入れている銘柄と同じ銘柄を信用取引で売買する事です。該当の銘柄が値下がりする事で信用取引でも評価損が出る上に代用有価証券の担保価値も下がる為に一気に追証となる可能性が高まります。

信用取引の決済

信用返済売りと信用返済買い

信用取引においても現物取引と同様に反対売買を行う事によって取引による利益もしくは損失が確定します。
信用買であれば、建玉の価格より高い値で売れれば利益に、低い価格で売れば損失になります。
信用売であれば、建玉の価格より高い価格で買い戻すと損失に、低い価格で買い戻すせば利益になります。

現引と現渡

信用買した株式を現物で買う事を現引と言います。

多くの証券会社で現物取引より信用取引の方が売買手数料が安く信用取引で現引する事で取引手数料を節約することもできます。
また、信用売り(空売り)した株式を現物株で返す事を現渡と言います。

回転売買が可能

現物取引では、一日の中で同じ銘柄で売買を繰り返す回転売買は、禁止されています。
信用取引では、同じ銘柄での回転売買は、禁止されておらず資金効率を上げる事が出来ます。デイトレードを行う方は、取引手数料の安い証券会社で行うことが大切です。一回毎の金額の差異は少なくても積み重なると大きなコスト差になり得ます。

まとめ

信用取引については、証券会社毎に少しずつ特色が異なります。デイトレードをしたい方は、アクティブプランの充実した証券会社を選択する。逆にスイングトレードや長期投資を目指す方は、信用取引の金利が低い証券会社を選ぶことが重要だと思います。そういっても実際にお金を投じてみないと自分の適性は中々わからないと思いますので、少額の資金ですこしずつ投資に慣れていく事が大切だと思います。

本日もありがとうございました。


世界一やさしい株の信用取引の教科書1年生 再入門にも最適! [ ジョンシュウギョウ ]

信用取引の入門本です。基本的な事が網羅されているので読みやすいと思います。

コメント