VIXショート(SVXY)投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

投資と金融用語の解説・オススメ記事の紹介はここをクリック

投資知識

投資知識

株式投資でテクニカルトレード・デイトレードをする場合は株ドラゴンを確認しよう

今回は、昨日に引き続き日本株市場に投資をしている方に向けた記事となります。 内容は、銘柄の出来高やテクニカル指標から投資をする銘柄を探すサイトの紹介です。 株ドラゴンで出来る事 株ドラゴン 検索 ...
投資知識

株式投資をしている人は株ラインというサイトがオススメできるよ

今回は、日本株に投資をしている方に向けた記事となります。 昨今の株式相場では、twitterでの情報収集も大切な要素となりつつあります。今回は、Twitterの呟きから情報を集めるサービスです。 株ラインのサー...
投資知識

VIX指数投資に必須の暴落サイン!スキュー(ブラックスワン)指数を確認しよう

長期金利の上昇を受けて先日までの急騰が嘘の様に株価が急落しています。このまま、金利上昇が続けばリスク資産である株式は売られる傾向が続くと考えられます。 今回は、そんな相場環境を受けて暴落サインの一つであるスキュー指数について記...
テクニカル分析

テクニカル分析について学ぼう【サポート・レジスタンス編】

今回は、テクニカル分析の記事となります。チャートを見る上で必要不可欠なレジスタンスサポートについての考え方について記事をまとめました。 サポートとレジスタンス サポートは、谷あるいは反落後のつけた安値のことです。そ...
テクニカル分析

テクニカル分析について学ぼう【中長短期トレンド・ダウ理論編】

今回は、テクニカル分析として最も基本的な理論であるダウ理論について紹介します。 トレンドの概念 相場の世界では、テクニカル派とファンダメンタル派、その両方を分析するテクノファンダ派という色々な考え方を持った投資...
投資知識

米国VIベア・ブルETFの原資産ProSharesについて【GMOクリック証券】

当サイトでもよくアクセスされるGMOクリック証券の米国VIベアETFですが、先日は株式が1:4の比率で併合される事が発表されました。私としては、下値余地が増え証拠金の管理が難しくなると感じています。 引続き米国VIベアET...
投資知識

上昇相場で現れる暴落サイン!ヒンデンブルグ・オーメンについて

アメリカの雇用統計は、あいかわらず市場予想を超えてアメリカ経済の好調が続いていますね。 今回は、そんなアメリカの上昇相場での暴落サインを示すテクニカル指標の「ヒンデンブルグ・オーメン」に焦点を当てて見ます。 ヒ...
金利

トルコリラショックの余波、新興国通貨安とドル建債務について調べて見た

最近の相場は、トランプ大統領の発言に左右される印象が強いですね。 今回は、トルコリラショックから新興国通貨が売られる展開が続いている事について調べて見ました。 新興国の通貨安 新興国市場の特徴 新興国の経済...
投資知識

暴落の日は近いのか?米国債の短期金利と長期金利差のイーグルカーブを使い検証した

リーマンショックから10年以上経ち相場のサイクルから現状の株価は天井に近いと考える投資家の方も多いのではないのでしょうか。(私も天井に近いと感じています。) 今回は、米国債の超短期金利差による暴落サインにスポットライトを当てて見たいと...
投資知識

UVXYとSVXY株式併合へ GMOクリック証券の米国VIベアETFには逆風に

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。 残念なニュースが入ってきました・・・ 内容は、GMOクリック証券の米国 VIベア ETFの原資産であるブロシェアース・ショート・VIX短期先物ETF(SVXY)とプロ...
投資知識

インデックス投資は称賛されるけど誰にでもオススメは出来ない?

アメリカのウォーレンバフェットを始めとする著名投資家たちは、インデックス投資(パッシブ投資)が一部の天才を除いて一番パフォーマンスを挙げられると断言しています。 今回は、現在iDeCoでインデックス投資を実践中である私の考えを...
投資知識

VIXショックで大損!NEXT NOTES S&P500 VIXインバースETN(2049)についてまとめてみた

相場の世界に絶対はないそんな事を改めて感じさせられたのが今年2月に発生した、VIXショックです。 株価は急落し私も含めて多くの投資家が阿鼻叫喚の状況に陥っていたので記憶に新しい方も多くいると思います。 株式投資家がパニックになっ...