VIXショート(SVXY)投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

投資と金融用語の解説・オススメ記事の紹介はここをクリック

最強のインデックス指数【NYダウ】銘柄入替で創立当初の銘柄消滅へ

株式投資
スポンサーリンク

皆さんこんばんは。

突然ですが、NYダウという株価指数を知っていますか?アメリカの代表的な株価指数です。

正式名称は ” ダウジョーンズ30種工業平均です。

TradingView提供によるDJI相場


チャートを見るとある種の恐ろしさすら湧きますね。アメリカ経済恐るべし。、、

スポンサーリンク

NYダウインデックスは最強のアクティブファンドか?

先程のチャートを見れば分かるようにNYダウの構成銘柄は、その時代のアメリカを代表する企業が選ばれるわけです。ここでNYダウインデックスを構成する企業群を見てみましょう。

ベライゾン
トラベラーズ
3M
デュポン
マイクロソフト
インテル
ジョンソン・エンド・ジョンソン
IBM
GE
10 シスコシステムズ
11 マクドナルド
12 シェブロン
13 キャタピラー
14 ボーイング
15 メルク
16 P&G
17 アメリカン・エキスプレス
18 ホームデポ
19 ファイザー
20 ユナイテッド・テクノロジーズ
21 ユナイテッド・ヘルス
22 エクソン・モービル
23 JPモルガン
24 コカ・コーラ
25 ゴルドマン・サックス
26 ウォルトディズニー・カンパニー
27 アップル
28 ビザ
29 ウォルマート・ストア
30 ナイキ

まさに アメリカ企業のオールスターのようです。 簡単に言うとアメリカという国の発展に掛けるならNYダウへの投資は極めて有効な投資手段ではないでしょうか?

日経平均の最高値がバブル時代の3万円代だった事と当時の株価を超えられない日本の現状を考えるとアメリカへの投資も有効であることが頷けますね。

さて、本題に戻ります。今回NYダウから銘柄が1つ入れかえらる事が決定しました。それは、ゼネラルエレクトリックです。

弾き出されることとなった会社ゼネラルエレクトリックとはどんな会社なのでしょうか?

発明王エジソンの所属していた会社

金融業・メディア業・家庭用家電開発等にビジネスを展開し複合企業の成功例とされ時価総額1位にいたこともある

まさに栄枯必衰とはよくいったものです。次は、GEのチャートを見てみましょう。

TradingView提供によるGE相場


うーんここ1年の株価は特に右肩さがりですね。ダウに与える影響も限られる為指数から出されてしまう様です。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは、GEと入替えでNYダウの構成銘柄に選ばれた会社です、

その特長は、

全米にドラックストアチェーンを展開する企業

CVSヘルスに次いで全米2位の規模を誇る

総売上の25%は海外部門

連続42年の増配企業

日本では、ここまでの企業は見当たりませんね。やはりアメリカは凄いです。


近年の株価は、高位安定といった印象ですね。

NYダウの歴史

アメリカの経済新聞のウォール・ストリートジャーナルを発行している出版会社が算出しています。

日本経済新聞社が算出している日経平均株価指数とイメージが重なりますね。

アメリカ経済の好調を支える根幹は何か?

基軸通過を持つこと

世界の通商には、ドルが使われることが多いです。

皆さんの生活に馴染みの深い石油や安全資産と名高い金もドル建てで取引が行われています。つまり、市中にはドルが溢れているのでアメリカの中央銀行がドルを刷っても価値が目減りし辛いです。日本で同じようにお札を刷り続ければ貨幣価値は間違いなく下がると思われます。

ドルの場合には、価値が下がりにくい=通商に強いという循環でますますドルが強くなるというサイクルを辿っています。

それは、アメリカという国家が世界中の国の経済力を超越し背後には軍事力があることが控えている点が重要です。日本からドル建て資産に投資しようとすると円をドルに変える、また逆にドルを円に変えるという行為に対して為替差損が発生します。こういった、リスクとも無縁になる事も強みのひとつとして考えられます。

まとめ

NYダウ指数は、インデックス指数でありながら、定期的に構成銘柄が見直され中身を考えるとアクティブファンドと考えることもできます。また、日本と比較し少子高齢化の影響は少なく経済の発展余地はアメリカの方が断然あると思います。アセットロケーションのひとつとしてNYダウに投資することも良い選択肢のひとつかもしれません。

コメント