TORANOTECアクティブジャパンファンドの評判・評価について

株式投資

今週は、米朝首脳会議が初めて行われるなど歴史に残る出来事が沢山あった1週間でした。投資をしている人にとっては、地政学的リスクが後退するという点においては、比較的心安らかに過ごせた1週間であったのではないでしょうか。

話は、変わりますが私は、インデックス投資が安全な資産運用方法だと考えています。しかし、株式のパフォーマンスが優れている今アクティブファンドに何も投資をしない事も無駄な気がしています。そこで今回は、おつりで投資で有名なTORANOTEC株式会社(トラノテック)の関連会社であるTORANOTEC投信投資顧問株式会社が運営する「TORANOTECアクティブジャパンファンド」について調べてみました。

  1. この記事の要約
  2. TORANOTEC投信投資顧問株式会社について調査
  3. TORANOTECアクティブジャパンファンドへの投資の検討
2018年7月1日追記
実際に買ってみました。記事は、TORANOTECアクティブファンドの投資信託を買ってみたです。
スポンサーリンク

TORANOTEC投信投資顧問株式会社

TORANOTEC投信投資顧問株式会社は、東京都港区虎ノ門4-3-1に本社を置く投資ファンドです。

商号 TORANOTEC投信投資顧問株式会社
登録番号 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第384号
加入協会 一般社団法人投資信託協会
設立 1998年7月31日
資本金 5億9,430万円
代表取締役 小山 卓也
株主 TORANOTEC株式会社(100%)

運営するファンド

TORANOTEC アクティブ ジャパン

ファンドの概要について

設定日 2017年9月29日
決算日 毎年7月20日(休業日の場合は翌営業日)
信託期間 無期限

ファンドの特色・投資方針

  1. わが国の中小型株を中心に成長性の高い銘柄などに幅広く投資します。
  2. 中小型株の投資魅力である企業の成長性に主として着眼し、また、割安な企業、変化する企業を選別します。
  3. 中長期的観点からの投資を基本としますが、企業の経営姿勢や業績の変化、株価水準等から総合的に判断し、個別銘柄に対する投資比率の調整を行います。
  4. 数倍化する可能性のある銘柄の発掘に努めます。

2018年5月31日現在ポートフォリオ(全55銘柄の内上位10銘柄)

岩谷産業(8088) LPガス、産業ガスを中心にガス・エネルギー関連事業を展開
クイック(4318) 転職支援・人材紹介・人材採用支援(看護師や建設関連など専門職の人材紹介・派遣が中心)
前田工繊(7821) 土木資材や建築資材、産業資材、自動車用ホイール製造
西松建設(1820) ダム、トンネルなど土木建設。主力の建設事業が好調なうちに収益の多角化推進
アマノ(6436) タイムレコーダーや勤怠管理、駐車場・駐輪場システムを中心としたメーカー
フューチャー(4722) ITコンサルティング・システム開発&サービス事業
澁谷工業(6340) 医薬品・食品ほか充填・包装設備や工作機器の設計・製造
セーレン(3569) 繊維産業から非繊維産業まで多岐にわたるフィールドで各種事業展開。原糸から製品販売まで一貫生産体制
ベクトル(6058) 企業の商品、サービス等のマーケティング支援を得意とするPR会社
10 萩原工業(7856) ポリエチレン・ポリプロピレンを主原料とした合成樹脂繊維製品の製造・販売のトップメーカー

ポートフォリオを分析すると東証1部の機械系の銘柄を中心に投資をしています。急激な値上がりはあまり期待できないセクターですが、経済が堅調な間はパフォーマンスを期待できそうな印象を受ける構成です。

信託報酬が0.864%とアクティブファンドの平均を大きく下回る

購 入 時 手 数 料 取得申込受付日の基準価額に、3.24%(税抜3.00%)の率を上限として、販売会社が

別に定める手数料率を乗じて得た額

換 金 時 手 数 料  なし
信 託 財 産 留 保 額  なし
運 用 管 理 費 用( 信託報酬 ) ファンドを保有している期間、保有している金額に対して年率0.864%(税抜0.80%)(配分(各税込):委託者0.4158%・販売会社0.4158%・受託者0.0324%)
そ の 他 の 費 用・ 手数料 信託事務の処理に要する諸費用(監査報酬、目論見書等の印刷費用等を含みます。)有価証券売買時の売買委託手数料等

アクティブファンドの信託報酬の中央値は、1.5%前後と言われているなかで、TORANOTECアクティブジャパンファンドの信託報酬は、0.864%です。

販売会社は、TORANOTEC ASSET MANAGEMENT・SBI証券・楽天証券の3社

画像出典:TORANOTEC ASSET MANAGEMENT

リターンの推移

設定間もない「TORANOTECアクティブジャパンファンド 」ですが、リターンは好調の様子を見せています。今のパフォーマンスが続くとは限りませんが、現状では市場平均を超える運用を続けています。

分配金

運営が始まったばかりのファンドの為分配金の実績はありません。今後の分配に期待したいですね。

分配金は、税法上は配当所得に分類され20.315%の課税をされます。また、年間20万円以上の配当所得がある場合には、サラリーマンであっても確定申告が必要です。

まとめ

TORANOTECアクティブジャパンファンドは、まだ運営を始めて間もないファンドですが、パフォーマンスは良好の様です。

特に、

  1. 通常時で10%程度の現金を保有
  2. アクティブファンドで信託報酬が1%以下

という2点は、他の同様のアクティブファンドにない強みです。私も、投資先の分散をする為に少し投資をしてみるつもりです。

2018年7月1日追記
実際に買ってみました。記事は、こちらです。

コメント