VIXショート(SVXY)投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

投資と金融用語の解説・オススメ記事の紹介はここをクリック

UVXYとSVXY株式併合へ GMOクリック証券の米国VIベアETFには逆風に

投資知識
スポンサーリンク

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

残念なニュースが入ってきました・・・

内容は、GMOクリック証券の米国 VIベア ETFの原資産であるブロシェアース・ショート・VIX短期先物ETF(SVXY)とプロシェアーズ・ウルトラ・ショート・VIX短期先物ETF(UVXY)が株式併合するというものです。

スポンサーリンク

SVXYとUVXYがそれぞれ併合される

 

画像出典:Twitter

 

うーん非常に残念ですね。

GMOクリック証券の米国VIベアETFは、VIXショックを受けて下値余地が小さくローリスクでボラティリティショートの出来る金融商品でした。

また、1枚当たりの証拠金額も少なくリスクコントロールのし易い事も特徴で多くの個人投資家に好まれていました。

米国VIベアETFについては、以下の記事をご覧下さい。

GMOクリック証券で行うVIX投資【米国VIベア・ブルETF・CFD】
こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。今回は、当ブログでも数回に分けて記事にしてきたVIX関連投資ですが、今年のVIXショックによって大きく値下がりした米国VIに投資したいと思います。投資に...

株式併合されるとどうなるか?

株式統合されると、GMOクリック証券の米国VIベアETF(SVXY)の場合は、1対4での株式併合ですので、

従来の4株が一株となり株価が4倍になります。

9月1日追記 GMOクリック証券より

現在14ドル付近なので単純計算では、56ドルとなります。下値余地が広がり売買が難しくなってしまいます。

画像出典:Tradingview

うーん非常に残念なニュースですね。やはり、証券会社は個人投資家をそう簡単には儲けさせてはくれませんね。市場流動性やポジションの不均衡が生じる事はあまりよろしく無いのでしょうが無いのかもしれませんね。

 

VIX指数について
VIX指数は、別名恐怖指数と呼ばれています。VIX指数が高まると暴落が近いと言われますが、正確には相場の急変を察知したヘッジファンドや機関投資家たちが保険としてプットオプションを買い結果としてVIX指数が高まるというプロセスです。VIX指数は、暴落局面の先行指標ではない事には十分に留意したいですね。

保有ポジションは4分の1に

GMOクリック証券で、米国VIベアETFに保有しているポジションは、4分の1に併合され残りのポジションは現金化され有効証拠金に反映される事になります。

最後に

今回の株式統合によって米国VIベアETFの投資メリットは大幅にダウンとなります。下値余地が大きいという事はボラティリティも増えて投資の難易度が上がります。

しかし、投資の商品として売買動向が一方に偏る事は市場の流動性を考えると仕方ないのかもしれません。投資を検討される方は、VIX指数について色々調べてきちんとリスクを把握して取り組んで頂ければと思います。

VIXベアETFの取引にはGMOクリック証券がオススメです。

GMOクリック証券【CFD】の口座開設はこちらから

口座開設の手引き

口座開設は以下の手順で出来ます。ぜひ参考にしてみて下さい。

口座開設をする上でポイントなる質問です。答えを間違えると口座開設の承認が得られないので十分に注意して下さいね。

入力内容の確認ページに移りOKを選択します。そして、確定すると申請が完了です。

⑥登録アドレス宛に本人確認書類の提出のお願いメールが届きます。

PCかスマートフォンでGMOクリック証券のHPにアクセスして提出を完了させましょう。あとは、GMOクリック証券様の審査を待つだけです。お疲れ様でした。

また、ご不明点があればツイッターアカウント→うどんマン(@udonman1989)にDMを頂くか以下のお問い合わせからの質問もお待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。(平日昼間の回答はなかなか難しいと思いますが、なるべく早くご回答させて頂きます。)

コメント