GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧

GMOクリック証券の米国VIでスインクトレードに取り組もう【CFD】

ハイレバ
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、一部投資ブログ界隈で人気のGMOクリック証券のVIX指数CFDの米国VIについてその特徴と売買方法について記事をまとめました。

VIX指数投資は、レバレッジコントロールおよび資金管理が大切な投資です。

 

スポンサーリンク

米国VI=VIX指数短期先物

米国VIとは、GMOクリック証券が独自に決めた名称で、その原資産(米国VIと連動する指数)指標は、CBOE(シカゴ・オプション取引所)に上場されるVIX指数短期先物です。

チャートの検証


2018年から過去3年程度のチャートです。

リーマンショック以後は、全世界的に株高だったので多くの市場のチャートは右肩上がりを描く事が多いです。

一方で、VIX指数のチャートは、レートが10〜30程度の間を行ったり来たりするレンジ相場が殆どです。

米国VIは、スイングトレードと相性が良い

米国VIは、先ほどチャートを確認した様に一定のレンジの中でレートが上下する事が多い性質がありスイングトレードと相性の良いCFD銘柄です。

 

スイングトレードとは?

短期トレードの1種で数日〜数ヶ月の期間で完結するトレードの事です。
相場やチャートとにらめっこする必要は無くサラリーマントレーダーと相性の良い取引方法です。

10〜15付近はロング・20以上でショートに

過去からの統計を分析する限りは、VIX指数が15以下になると買いポジションを構築し、VIX指数が20以上になれば売りポジションを強める売買手法が有効であると考えられます。

なぜスイングトレードと相性が良いのか?

米国VIがスイングトレードと相性が良い理由は、VIX指数がコンタンゴしやすいという性質にあります。

コンタンゴとは?

VIX指数を含む先物取引は、取引できる期日があります。期日を迎えた先物は売買する事が出来ないので新しい期日の先物に乗り換える必要があります。

通常の相場では、期日が近い先物よりも期日が遠い先物の方が高い事が多いです。(この様な相場環境の事をコンタンゴと呼びます。逆に期限が近い先物の方が価格が高い時はバックワーデーションと呼ばれます。)

限月を迎えた先物を乗り換える際には安い先物を売って高い先物を買い直すことになる為コストが発生します。(=ロールオーバーコスト

コンタンゴバックワーデーションの比率ですが、相場が平穏〜強気(ブル)であればコンタンゴすることが多いため8〜9割程度はコンタンゴとなる事が多いです。

米国VI投資は、ロングポジションを持つと価格調整額という保有コストがかかる事が多い為、売りポジションを構築し先物のコンタンゴを売りポジションで取り利益に変える事が望ましいと言えます。

価格調整額は、以下の4パターンの内から、相場状況に応じて買い・売りいずれかのポジションの評価損益に加減算する事で調整されます。

先程も触れましたが、VIX指数はコンタンゴしやすいという性質上、買いポジションの長期保有は金利支払いが多くオススメしません。

短期売買をする場合は、価格調整額が発生する前にポジションを解消するか両建てにして凌ぐという方法もあります。

VIX指数先物の状況の確認は、米国の「VIX CENTRAL」というサイトが便利です。

米国VIの取引データ

特徴として特筆すべきなのは、取引単位が10倍である事とFXなどと同様にほぼ24時間取引できる事です。

 

米国VIの取引を日本円で換算

米国VIは、大体10〜25USD相当のレートで上下しています。よって、米国VIを一枚取引を計算すると以下の様な数式となります。

想定数値:1USD=110円と想定、取引単位CFDの10倍

20*1USD(=110円)*10倍=22,000円

1枚当たりの取引コストは、約22,000円と計算する事が出来ました。トレードするレバレッジは、GMOクリック証券に預け入れる証拠金と取引枚数によって変化します。

ロスカットとレバレッジ

米国VIのポジション維持には、必要証拠金任意証拠金の2種類が必要となります。

必要証拠金は、取引する為に絶対必要なお金で、任意証拠金はロスカットレートを変動させる事で任意証拠金に+αで積み増しが必要となるお金です。

よって、実際に証拠金として拘束されるのは必要証拠金任意証拠金を合算した金額となります。

米国VIのトレードはGMOクリック証券で

米国VIは、GMOクリック証券でのみ取引可能な銘柄です。GMOクリック証券は、CFD市場で日本有数の会社となっています。

米国VIのトレードに興味のある方は、下記のリンクから口座開設をしてトレードに挑戦してみて下さいね。

口座開設は無料。作業時間は、5分で可能!


口座開設の手引き

口座開設は以下の手順で出来ます。ぜひ参考にしてみて下さい。





口座開設をする上でポイントなる質問です。答えを間違えると口座開設の承認が得られないので十分に注意して下さいね。

入力内容の確認ページに移りOKを選択します。そして、確定すると申請が完了です。
登録アドレス宛に本人確認書類の提出のお願いメールが届きます。
PCかスマートフォンでGMOクリック証券のHPにアクセスして提出を完了させましょう。あとは、GMOクリック証券様の審査を待つだけです。お疲れ様でした。

コメント