VIXショート(SVXY)投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

投資と金融用語の解説・オススメ記事の紹介はここをクリック

VIXショックの生き残りGMOクリック証券の米国VIブルETFとは?

ハイレバ

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、VIXショックを耐え切ったVIX指数銘柄であるGMOクリック証券の米国VIブルETFの特徴と売買の方法の特徴について記事をまとめました。

米国VIブルETFについて

米国VIブルETF=米国ファンドのUVXYと呼ばれるETF

まず最初に、米国VIブルETFという呼び方はGMOクリック証券が決めた独自の呼称で、実際に米国VIブルETFはアメリカのprosharesという投資ファンドが運営しているUVXYという金融商品が原資産です。

UVXY(Ultra-VIX-short Term Futures ETF)

画像引用:ProFunds HPより

UVXYはギヤーズファンドと呼ばれるレバレッジ型のETFです。VIX指数の短期先物に1.5倍の連動をするという製品設計です。

米国VIブル ETFは値下がりが約束された銘柄

米国VIブルETFは、平穏な相場環境であれば常に右肩下がりのチャートを描きます。(=売りを保有すれば儲かる。)

先物取引には、限月という取引期限があります。米国VIブルETFは、毎日、VIX指数の短期先物指数の決済期日が近い先物を売り、決裁期日が遠い先物を買う事でVIX指数と連動させています。

VIX指数は、投資家達が今後の相場に対してどの様な変動幅(ボラティリティ)があるのかを示す指数です。相場が平穏な時は、明日株価が大幅な変動をするよりかは、1ヶ月後の株価が大幅な変動を示す確率の方が高いです。

よって、毎日先物を売買する中でロールコストが発生しETFの価値が目減りし続ける(=株価が下がり続けるチャートになる)という理屈です。

逆に相場の異常時には、限月の近い銘柄の方が高くなります。これは、投資家達が明日も暴落するのでは無いかと考える為期限の近い先物に売買が集中する為です。
VIX指数で最も気を付けなければならないことは、この暴落の混乱相場を想定した上でポジションを持つことです。

米国VIブルETFの特性を活かした投資

先ほどの項目で確認した様に、米国VIブルETFは、買いポジションで保有し続けると常に値下がりして投資元金が減ってしまうという銘柄になっています。

裏を返せば常に値下がりするという事は、米国VIブルETFを売る(ショート)すると緩やかに儲かるという理屈になります。

運用ファンドからの注意事項

先程も説明した様に、米国ブルETFはアメリカのProFundsという投資ファンドが運営しているETFとなっています。ファンドは、ギアETFを利用する際の注意事項を発表しています。

 

画像引用:ProFunds HP

 

・1日当たりベンチマークに倍数の連動を目指す。(=つまりVIXショックの様に1日で先物の価格が何倍にもなると更にその倍の値動きをする製品設計)

・経時的な価格推移は、ファンドが想定する値動きを超える可能性があるよ

・ギアードファンドを持つなら毎日相場を観察してね。

・ポートフォリオの大部分をギアードファンドで占めるのは止めてね

・ギアードファンドには、メリット、デメリットそしてリスクがあるから目論見書を読んでその特徴を十分に理解した上で投資してね

以上の様な事が言われています。

 

米国VIベアETFと米国VIブルETFの比較

VIXショック時点での値動きについて

VIXショック時の米国VIベアETFと米国VIブルETFの値動きを比較してみましょう。

画像引用:GMOクリック証券(以下同様)

500ドルから50ドル

 

50ドルから150ドル

VIXショック以前は、VIX指数の短期先物への連動がUVXYが2倍、SVXYは−1.5倍でした。指数連動への差を考えても米国VIベアETFの下落率が高すぎる気がします。

以上の結論から現状としては米国VIブルETFをショートする方がショック時には価格が急変動するリスクは小さいのではないかと考えられます。

VIXショック後の米国VIベアETFとブルETFの値動きの比較

米国BIベアETF

米国VIブルETF

以上の比較画像から分かる様に同じ様にVIX指数を対象にしても投資する金融商品が違うだけで全然結果が異なる事が分かります。

私としては、今後は米国ブルETFの売りを基本としてVIX指数が上昇する局面でVIベアETFを買い付け資金に余力があれば米国VIの売りに挑戦しようと考えています。

売りは理論上損失無限大がリスクか

米国VIブルETFを売りポジションで保有するデメリットは、売りポジションを構築する為理論上損失無限大になってしまう事です。(VIX指数がどこまで噴き上がるのかは誰にも分かりません)

買いポジションであれば買値からゼロまでが最大損失幅であると計算できます。

しかし、売りボジションはどこまで上がるか予想できず最大損失幅が想定できない事が最大のデメリットです。

つまり、VIXショックを超える様なVIX指数の急騰に耐えうる証拠金余力と資金管理を考えた上でポジション枚数を管理する事が米国VIブルETFを売る投資のポイントとなります。

さいごに

私としては、先程も述べた通り米国VIベアETFと米国VIブルETFの配分を研究しながら投資に取り組んでいきたいと思います。米国VIベアETFについては、以下の記事をご確認下さい。

GMOクリック証券で行うVIX投資【米国VIベアETF・SVXY・CFD】
こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。今回は、当ブログでも数回に分けて記事にしてきたVIX関連投資ですが、今年のVIXショックによって大きく値下がりしたSVXYに投資したいと思います。投資に...

VIX指数投資では、資金管理とリスク管理が重要という事が一番大切だという事を結びの言葉にしたいと思います。VIX指数投資に興味がある方は是非投資にチャレンジしてみて下さいね。

GMOクリック証券【CFD】の口座開設はこちらから


口座開設の手引き

口座開設は以下の手順で出来ます。ぜひ参考にしてみて下さい。

口座開設をする上でポイントなる質問です。答えを間違えると口座開設の承認が得られないので十分に注意して下さいね。


入力内容の確認ページに移りOKを選択します。そして、確定すると申請が完了です。

登録アドレス宛に本人確認書類の提出のお願いメールが届きます。
PCかスマートフォンでGMOクリック証券のHPにアクセスして提出を完了させましょう。あとは、GMOクリック証券様の審査を待つだけです。お疲れ様でした。

 

 

コメント