GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧

日経平均先物取引に挑戦したいので取引環境について調べてみたよ

先物取引
スポンサーリンク

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、以前から興味のあったに日経平均株価先物の投資銘柄とその特徴について色々調べて見ました。
ハイリスク・ハイリターンな投資ですが、いつかは挑戦したいと考えています。
スポンサーリンク

日経平均株価先物とは?

日経平均株価先物≒日経平均株価

日経平均株価は、日本経済新聞社が東証1部上場企業から代表的な企業を選出しその株価を指数化したものです。

対して、日経平均株価先物は日経平均株価が3〜12ヶ月後どんな価格になっているのかを先物取引で行なっているという金融商品になります。

先物取引には限月(げんげつ)という取引期限があります。
決済の際には、ポジションを建てた価格と決済した金額の差金で決済が実行されます。

なぜ日経平均株価と日経平均株価先物は連動するのか?

日経平均と日経平均先物の価格は絶えず連動しています。

日経平均先物のメインプレーヤーはゴールドマンサックスやメルリンチ・モルガン・スタンレーなどの機関投資家達や先物をメインに取引をしているヘッジファンドなどです。

機関投資家やヘッジファンドは、日本の経済状況(インフレ・失業率・政策金利など)や財政状況を分析して今後日経平均株価がどう動くかを考えます。

その結論が、日経平均が上がると予測すれば買い注文を、下がると予測すれば売り注文を出します。

しかし、その様な売買を繰り返されるとわずかな時間だけですが、日経平均と日経平均先物との間に価格のズレが生じます。

この価格のズレを狙って取引をするのが裁定業者です。裁定業者は、割高になった指数を売り割安になったもう一方の指数を買い付けます。この様な売買をする事で相場の僅かな鞘を抜く事で収益をあげています。

この様な取引の事を裁定取引(アービトラージ)と呼びます。アービトラージを絶えず実施する事で日経平均株価と日経平均株価先物の価格は連動する様になります。

先物のアービトラージは、機関投資家やヘッジファンドのAIを搭載したコンピュータのアルゴリズム取引によって一瞬で鞘は埋まるので個人レベルで収益を上げる事は出来ません。

日経平均株価先物を取引する

日経225ラージと日経225miniの違い

日経平均株価先物取引には、日経225ラージとminiという2種類の銘柄が存在します。その違いは何なのか見ていきましょう。

取引限月が違う

先物取引には、SQ(=Special Quotation 特別清算指数)が算出され該当する月の先物の決済が行われる期日があります。

日経225ラージについては、3月限・6月限・9月限・12月限と3ヶ月毎の限月で取引が行われます。

一方で、日経225miniについては1ヶ月に1回の限月が設定されており、1月限、2月限、3月限・・・・・・12月限まで続きます。

必要証拠金額が異なる

日経平均株価を取引するには1枚当たりの必要証拠金額が設定されています。

ネット証券最大手のSBI証券の場合は以下の通りです。

日経225ラージ:780,000円

日経225mini:78,000円

日経平均先物を取引を始めるためには最低でも10万円の資金は必要とされる様です。

大きく儲けられる可能性を秘めている反面極めて元本毀損リスクが高い事も先物取引の特徴です。

レバレッジと呼値が異なる

日経225ラージの場合は、株価指数の1,000倍が1単位、日経225miniの場合は、株価指数の100倍が1単位となります。つまり、日経225miniが10単位集まれば日経225ラージ1単位と同じレバレッジ比率となります。

また、呼値は日経225ラージが10円、日経225miniが5円となりこちらもminiの売買単位の方が低くなっています。

以上の事から小資金の投資家は日経225miniで資金を増やし日経225ラージを取引する流れが一般的だと考えられます。

さいごに

先物取引は、ハイリスク・ハイリターンを代表する様な投資方法です。元本毀損リスクが高い一方でトレンドを捉える事が出来れば資金を大きく増やす事が出来ます。今回の日経平均の暴騰を捉えられなかった事は残念ですが、少しずつリスクに対する理解を深めると同時に投資手法について研究していきたいと思います。

コメント