管理人オススメの資産運用記事とこれまで公開した記事一覧

サンバイオ(4592)の新薬は基準未達成でアキュセラインクの再来か?Twitterまとめ

株式投資
この記事は約3分で読めます。

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

ここ最近のマザーズ指数の上昇を牽引していたサンバイオの適時開示が発表され再生細胞医薬品の臨床検査が非達成と判明しました。

この事件により、バイオ関連銘柄は軒並みPTSで大幅安・マザーズ先物はサーキットブレイクが発動する大事件へと発展しています。

スポンサーリンク

サンバイオは暴落か?

再生細胞医薬品SB623慢性期脳梗塞臨床実験で主要項目を非達成

多くの投資家の夢を乗せて急上昇していたサンバイオでしたが、主要項目を非達成という事で大量の失望売りがでる事が予想されます。

サンバイオの寄与度が高いマザーズ先物はサーキットブレイク発動

サーキット・ブレーカー制度とは、急激な先物価格の変動があった場合、取引所によって一時的に取引の中断が行われる措置です。
取引を10分中断した後、制限値幅を一定幅拡大し、取引が再開されます。拡大措置を講じた後も価格変動が大きい場合には、さらに制限値幅が段階的に拡大されます。 楽天証券より引用

サーキットブレーカーというとイメージが掴み辛いですが、株式投資で言う所のストップ安もしくはストップ高に当たる一日の値幅制限の事を指します。

近年先物指数でサーキットブレーカが発動したのは大災害や経済危機の時のみです。

  • アメリカの同時多発テロ(2001年)
  • リーマンショック(2008)
  • 東日本大震災(2011)

サーキットブレイク参考動画

日経225先物オプション実況スレ3157・3158 ~サーキットブレーカー発動~

サンバイオは信用買が多い=大量の売り圧力に

サンバイオは、信用取引で大量の株式が買われており明日の市場では追証回避のため新興銘柄の投げ売りが予想されます。

伝説のアキュセラ・インクに並ぶか?

この事件を見て伝説の株であったアキュセラ・インクを思い出しました。

アキュセラ・インクはなんと6連続ストップ安=つまり1週間以上実質的に売買できなかったということです。

サンバイオは、アキュセラ・インクよりも時価総額が高いためもっと長引く可能性もあります。

サンバイオ信用買い残り320万株

PTS市場は寄らず

サンバイオPTS

PTSはストップ安に26万株の売り板

当然の如く値幅一杯ストップ安気配です。正直言ってヤバ過ぎです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました