管理人オススメの資産運用記事とこれまで公開した記事一覧

インプライド・ボラティリティとスマイルカーブからリスクリバーサル戦略に繋げる方法

スマイルカーブ オプション取引
スマイルカーブは下落の需要が強い
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

オプション取引

スポンサーリンク

スマイルカーブとは?

スマイルカーブ

スマイルカーブは下落の需要が強い

スマイルカーブとは、オプション取引をする上で切っても切り離せない指標の1つであるIVから導き出される曲線図のことです。

原理原則で言えばオプションの原資産価格からの距離と比例した権利行使であればコールとプットオプションの価格は同じになるはずです。

しかし、上記の図を見ていただければ分かるようにスマイルカーブは実際には左右対象にはなりません。

それは、オプション取引を行っている投資家の多くは株式市場の下落時のヘッジ手段としてプットオプションを買い、原資産を保有しつつ利益を確保するコール売りを行なっているからだと言われています。

つまり、まとめると以下の様な事になります。

・下落の保険となるプットには潜在的にコールより買い需要が大きい=IVも高くなる

・株価上昇で利益になるコールオプションは、現物株保有時の利益の先食い需要が大きい(カバードコールなど)=IVは低くなる

オプション最大の売り場はプットとコールレシオの均衡が崩れた時

先程の項目で確認した様にプットオプションには、潜在的に割高な傾向があります。

さらに2018年にあったVIXショックやブラック・クリスマスなどの場面では多くの投資家が恐怖を抱く様な場面では、ただでさえ割高なプットオプションが更に割高になります。

こういった場面になると、ハイリスクであるのですが高リターンを得る方法があります。

プット売りとコール買い=リスク・リバーサル戦略

それは、原資産から等距離にあるプットとコールの両方を用いた売買です。

再び先程の図に再登場してもらいます。

リスク・リバーサル

割高なオプションを売って、割安なオプションを買う

この図の左で鋭い曲線である所はIVが高い=オプションプレミアムが高い、逆に右側の緩やかな曲線はIVが低いイコールオプションプレミアムが安いという事になります。

つまり、リスクリバーサル戦略というのは割高なプットを売ってさのプレミアムで割安なコールを買い相場が混乱から立ち直る過程を利益にするという戦略になります。

補足:IVについて

相場の予想変動率を表すインプライド・ボラティリティ(IV)は、混乱時に大きくなります。

これは、相場で暴落を体感した事がある方ならよく分かると思います。

相場は、一気に下がるとその反動で一気に戻ってくることがよくあります。

つまり、上にも下にも大きく動く可能性があると多くの投資家が考えるためオプションが割高になる=IVも高くなるという理屈です。

 

オプション取引や先物は例え上下の方向性が当たってもその高いレバレッジ性から証拠金の不足によりポジションを維持できず大きな損失を出してしまう可能性がある難しい取引です。

私もこの暴れ馬の様な金融商品について今後も勉強を続けて適切な距離感を持って活用していける様に頑張っていきたいと考えています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました