GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧

レシート1枚を10円で買うアプリONEが登場

フィンテック
スポンサーリンク

本日何となくTwitterのタイムラインを見ていると以下の記事を見つけました。

どうやら高校三年生が、レシートを一枚10円で買い取るアプリを開発したそうです。うーん素直に凄い。

スポンサーリンク

ONEとはどんなアプリか?

  • 一人がレシートをスキャンできるのは1日10枚まで。1カ月に300枚。
  • 出金時に、運転免許証や健康保険証等の公的な書類をアプリ内カメラで撮影し本人確認

ONEの運営会社・交換条件について

運営会社 ワンファイナンシャル株式会社
利用可能な端末 IOS
交換レート レシート1枚当たり10円(※1日10枚まで)
出金条件 最低300円以上で現金振込(出金手数料200円は利用者負担
本人確認 運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・在留カード
電話番号 SMS認証

ONEのメリット

  • レシート1枚が10円の価値を持つ
  • 利用料なしでお小遣い稼ぎができる
  • 年間最大36,000程度稼げる可能性がある

家計簿等をつける習慣のない人にとってゴミでしかないレシートに価値が生まれる画期的なサービスだと思えます。ただし、1日あたり10箇所毎日買い物する人は少ないと思うので言うほど稼げない可能性もあります。また、サービス提供元の想定を超える申請が殺到している様なので、1枚10円という単価の見直しの可能性も考えられます。

※2018年6月19日追記
想定を超える数量のレシートが届きサービスは休止状態になっています。

ONEのデメリット

  • 個人情報の提供を求められる(SMS認証・本人確認書類・振込口座情報)
  • 出金時に200円手数料がかかる

やはり、個人情報を大量に提供しなければならないことが気になるところです。集めた個人情報は、提供者がわからない様にして企業等に販売するようです。また、振込手数料が、200円発生(レシート20枚分)というのも気になりますね。しばらくは様子見に徹した方が良いかもしれません。あと、レシートには店の住所や担当店員の名前等が記載されています。後々問題にならなければ良いと思います。

世の中の反応は?


認証機能に問題がありそうですね。。。


本人認証も消せないみたいです。

まとめ

個人的には、新しい試みですごいと思う一方で、数百円の為に個人情報とレシートをスキャンする手間及び時間を切り売るのはどうかなといった感じです。しばらくは様子見をした方がよいのではというのが私の結論です。
私としてはクレジットカードの還元とKyashの組み合わせの方が無理なくお小遣い作りに取り組めると考えます。

【還元率2%】Kyashリアルカード・Kyashサービスのメリット・デメリット【VISA】
最近は、LINE payやPASMO払いなどキャッシュ払いも徐々に浸透してくるようになってきましたね。そんな中で、kyashがリアルカードを発行する事を発表しました。Kyashとはどんな会社か?ウォレットアプリKyashを運営してい...

コメント