GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧

米国株や海外株投資家にオススメ!サクソバンク証券のDRIP(配当再投資)制度のメリット

証券会社
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

日本で株式投資をしていると配当=お金ですよね。

しかし、米国の証券会社や日本国内のサクソバンク証券の海外株口座では配当をお金ではなく株式で貰うDRIP(配当再投資制度)という制度を利用することが出来ます。

今回は、このDRIP(配当再投資)制度について詳しく調べた事を記事にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

DRIP(配当再投資制度)について

まずはじめに、冒頭でも述べました通りDRIPとは、日本語に訳すと「配当再投資」という意味になります。

DRIP=Dividend Reinvestment Plan
以上の様に配当再投資という単語群の頭文字をとって表される投資制度です。

DRIP(配当再投資制度)を利用するメリット

DRIPは、配当をお金の代わりに株式で受け取る事が出来るという制度です。

イメージしやすくする為に例をとって表現してみたいと思います。

一株1,000円の株を100株保有しています。

半期決算を迎えて1株当たり50円の配当が決定しました。

通常の配当金制度では、5,000円の配当金が証券口座に振り込まれます。

DRIPの場合は、配当をお金ではなく株式で受け取るので保有株数が1,000株から1,005株に増えます。

イメージを掴んだところで、DRIP(配当再投資)のメリットを詳しく確認してみましょう。

  1. 買付手数料がかからない
  2. 配当が自動的に株式に変わる
  3. 複利の力が働き保有期間が長くなる程株式数が増える
  4. 自動的にドルコスト平均法で投資が行える

❶買付手数料がかからない

配当を現金でもらって再投資しようとすると株式の買い付けにかかる手数料を証券会社に支払う必要があります。

しかし、DRIPでは自動的に配当が株式再投資に回る手数料がかかりません

❷配当が自動的に株式に変わる

株式投資に限らないですが、自分で決めたルールを完全に守ることはとても難しいです。

例えば、配当金が入金された時に株式に再投資すると決めていたとします。しかし、その時期に株価が爆上げしていれば押し目まで待とう、逆に株価が暴落していれば皆が売っている中で買い向かうというのは簡単ではありません。

DRIPを活用する事で買い付けのタイミングや数量を決めるストレスから解放されます。

❸複利の力が働き保有期間が長くなる程保有株数が増える

仮に投資先の配当性向が同じでも、投資する金額=保有する株数が多くなればなる程複利の力は大きくなって行きます。

つまり、複利の力を最大限に活かす為には若い内からDRIPに取り組み時間を味方に付ける事が資産運用する上で大切だと私は考えています。

❹自動的にドルコスト平均法で投資が行える

配当を株式で受け取ることが出来るのは、ドルコスト平均法の観点からも有効であると考えられます。

株式相場でタイミング良く売ったり買ったりする事は、結果的に長期保有し続ける投資家よりリターンが劣るという統計は数多く出ています。

よって、DRIPは自動的に時期の分散を行い保有株数を増やせる優れた仕組みだと考えられます。

どんな銘柄でDRIPが有効か?

DRIPを行う上で考えるべきなのは、高配当そして増配を続ける銘柄となります。

つまり、多くの投資家が売却益を期待する様な銘柄ではなく常に一定の利益を上げ続けるコカコーラやジョンソン&ジョンソン・アルトリアなどのディフェンシブ株にDRIPを利用する事が有効であると考えられます。

DRIPが出来るのはサクソバンク証券・Firstrade証券など

DRIPは、米国の個人投資家の多くが活用している制度ですが、日本国内でDRIPを活用するとする場合は、サクソバンク証券のみに限られてしまいます。

 

 DRIP利用には複数のハードルが

DRIPは、色々優れた点がありますがサクソバンク証券で取り組もうと考えると税金関係の手続きがやや面倒臭い点にデメリットがあります。

  1. 特定口座に未対応=一般口座のみ
  2. 納税地を申告するForm W-8BENという書類の提出が必須
  3. 配当金額が1株未満だと再投資されない

といった多くの投資家が躊躇する仕組みがあります。

特定口座に未対応

サクソバンク証券の海外株口座では、特定口座に未対応で一般口座しかありません。

よって、必然的に自分で税金関係の計算をして確定申告を行わなければなりません。

Form W-8BENの提出

Form W-BENは、米国の配当金課税の30%を回避する為に提出する書類です。

 

W-8BENを提出しないと、米国側の源泉徴収税率30%を控除された上での配当再投資となってしまいます。W-8BENを提出する事で10%の源泉徴収となります。

ただし、前項で確認した様に10%源泉徴収された額は日本国内での確定申告で手続きが別途必要となります。

配当金額が一株以上でないと再投資されない

サクソバンク証券のDRIP(配当再投資)は、配当金が1株未満(端株0.1株など)の場合は再投資されず、通常通り現金での配当となってしまいます。

よって、投資先の配当利回りを調べて想定される配当金が1株以上にならない場合は、DRIPを活用する事はできません

よって、必然的にある程度の資金力がないとDRIPの恩恵を受けることは難しい様です。

まとめ

DRIPは、個人投資家の資産形成を行う上で強い味方となってくれる制度です。

現状、特定口座には未対応ですが今後、特定口座に対応が拡大されるかもしれません。

DRIPを活用する事で、配当再投資の手数料や売買のタイミングを図るストレスから解放されます。

また、確定申告も多くのブログで情報が発信されていて1度申告を達成できれば翌年以降は同じ申告の繰り返しなので難しいものではありません。

海外株の長期保有で資産運用を考えている方はサクソバンク証券で口座開設をしてDRIPを活用してみましょう!

口座開設は、無料で可能!

サクソバンク証券で口座開設


サクソバンク証券で口座開設する方法

取引に際しての質問

まずは、取引に際してサクソバンク証券と投資家の間での取り決め事である約款(PDF)について確認します。

そして、次の質問事項の確認です。CFD取引等に対するルールについて確認します。

個人情報の入力

  1. 氏名(フリガナ)
  2. 氏名(漢字)
  3. 生年月日
  4. 性別

  1. 住所
  2. 電話番号
  3. 勤務先情報

  1. 連絡先(電話番号・メールアドレス)
  2. 書類送付先
  3. 金融機関口座

  1. 金融資産は、ご自分の投下可能資金を記入します。
  2. 初回入金予定額 現在振替入金可能な金額を記入します。資金の大きさが口座開設の審査の可否に関わるのか私たちには分かりませんが、私が調べた限りではサクソバンク証券で実際に取引する際には最低10万円の資金は必要となりそうです。
  3. 運用資金の性格は、余裕資金が望ましいと考えられます。借入金や生活資金で投資をするのは身の破滅を招きます。絶対にやめましょう。
  4. 投資目的は、CFD口座を開設する場合は証拠金取引であり、自己資本にレバレッジをかけて取引する方法です。よって、「損失をこうむる危険性があっても積極的な運用を行いたい」に該当すると判断出来ます。損失をこうむる危険性を許容できないのであれば、CFD口座の開設は諦めた方が良いと思います。外国株口座なら売却益を狙うのか配当金投資を目指すのか考えてどちらかを選択します。
  5. 投資経験は、口座開設をする上で大切な質問です。正直に答えましょう。証拠金取引は、自己資金にレバレッジがかかる(=元本毀損リスクが高い)取引です。外国株口座の場合は、現物での取引ですのでレバレッジ投資に当たらないと思います。

  1. 申込の経緯 インターネットサイト経由であれば、ブログを選びます
  2. 取引に利用するデバイス・頻度・時間 取引環境を選びます
  3. 取引スタイル CFD取引をする場合は、株価指数CFDを選びます
  4. 取引銘柄の選択 外国株投資をする場合は外国株口座を選びます。VIX指数銘柄に幅広く投資したい場合は、アドバンス口座を選びます。

インサイダー情報の入力です。上場企業にお勤めの方は注意しましょう。

国籍は、日本であれば下の項目をチェックする必要はありません。

本人確認・マイナンバーの提出

必要事項の入力が完了したら、本人確認書類等の提出です。提出方法は、

  1. アップロード
  2. メール添付
  3. 郵送

の3つから選ぶ事が可能です。マイナンバーは、メール提出が不可なのでアップロードか郵送のどちらかで提出する事をオススメします。

書類提出は以下のいずれかの組み合わせで行います。


マイナンバーカード両面マイナンバー通知カード緑色の紙のカード) か マイナンバーが記載された住民票顔写真付きの公的機関発行の本人確認書類1通
・マイナンバー通知カード(緑色の紙のカード) か マイナンバーが記載された住民票と顔写真なしの本人確認書類2通

顔写真付本人確認書類・・・免許証、パスポート、住基カード(住民基本台帳カード)
顔写真なし本人確認書類・・・健康保険証、住民票、戸籍謄本、印鑑証明

あとは、サクソバンク証券の審査を待ちましょう。お疲れ様でした。


サクソバンク証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました