GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧

GMOクリック証券のCFD取引ツールはあちゅう君の導入と主な機能の紹介

証券会社
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、GMOクリック証券のCFD取引に役にたつはあちゅう君の導入方法と主な機能についてまとめて見ました。

 

スポンサーリンク

はあちゅう君の導入

GMOクリック証券にアクセスしてログイン

①まず初めにGMOクリック証券のHPにアクセスします。ツールを選択。

②画面を下にスクロール

③はあちゅう君のインストーラーをダウンロード

④インストーラー実行

⑤完了後、ログイン画面へ

利用規約も一応読んだ方が良いかもしれません。

はあちゅう君CFDの機能

はあちゅう君CFDの機能は、極めてオーソドックスな機能の集合体だと言えます。

機能としては、

  1. CFD銘柄の相場ニュース
  2. 経済指標
  3. チャート分析(テクニカル・オシレーター系インジケーター)

が代表的な機能です。

①CFD相場のニュース


GMOクリック証券のCFD市場で取引できる銘柄のニュースを確認する事が出来ます。

キーワード
検索

検索窓では、自分の投資している銘柄のみのニュースをピックアップをしたり、画像の赤色✔︎マークを入れたニュースの様に詳細なレポートを確認する事が出来ます。

経済カレンダー(経済指標)


相場変動にインパクトのある経済ニュース(経済指標)の一覧です。

左上のプルダウンメニューを使って国別のニュースをピックアップする事が可能です。

FXをしている方には、米国雇用統計政策金利などがお馴染みの指標として知られています。

チャート分析

チャート画面は、濃紺背景に赤色青色のローソク足と極めてオーソドックスです。

利用できるインジケーターも多くのトレーダーが利用している移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACD・RSI・ストキャスティクスなどです。

チャート分析機能としては、やや物足りないと考える方もいると思いますので、MT4やMT5でチャート分析をして、発注をはあちゅう君CFDを用いて行う方法が良いと個人的には思います。

コメント