管理人オススメの資産運用記事とこれまで公開した記事一覧

myTradeとSBI証券がコラボでより多様な金融商品の管理が可能に

フィンテック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、以前紹介したトレード管理アプリのmyTradeがSBI証券とコラボしてより幅広い金融商品のトレード管理が可能となりました。

そこで、具体的にどんな機能が追加されたのか確認をしてみました。

スポンサーリンク

myTradeはより便利に

myTradeは、従来株式しかアセットクラス別のトレード管理する事ができませんでした。

SBI証券が他社に先駆けて投資信託やETFも対応化

画像出典:myTrade(以下画像も同様)

今回のコラボで新しく対応した金融商品は以下の通りです。

・投資信託

・外国株式

・ETF

・金プラチナ

・先物オプション

・債券

・ロボアドバイザー(wealthnavi)

iDeCo,FX,CFDについては、今後サービス対応予定

Basic,Proプランではより細分化した管理が可能に

・投資信託:個別の投資信託銘柄
・外国株式:国別資産

資金が多くの金融商品に分散している方や個別銘柄毎の損益管理をしたい方には便利なサービスだと思います。

その他、基本的な機能を知りたい方は、「myTradeサービスのメリットや特徴についてまとめてみた」を読んでみてくださいね。

株式・投資信託・ETF投資家必見!my Tradeで投資の収支を自動分析化しよう
株式投資・投資信託・ETFで投資に 取組んでいる方に便利なトレード管理ツールのmy Trade紹介の記事です。

証券口座の登録方法

 

証券口座一覧をクリック

口座登録をクリック
登録したい証券会社をクリック
IDとパスワードを入力して登録をクリック
以上で手続き完了です。すぐには反映されないかもしれませんが気長に待ちましょう。
スポンサーリンク

さいごに

トレードの収支管理は、頭では大事だと思っていても面倒臭いものです。

以前紹介した、mytradeの記事はこちら

myTradeは、そんな個人投資家の声を受けて誕生した経緯もあります。まだ、myTradeを導入していない方は、SBI証券とのコラボをきっかけに導入してみてはいかがでしょうか?

【マイトレード】の登録はここから

実際の登録方法は、「IPOで稼ぐメカニックの株ログ」様の解説記事が大変わかり易いので是非参考にしてみて下さい。

マイトレードは神ツール!? 評判や安全性が本物なのか実際に利用して確かめてみました
マイトレードという投資管理アプリが登場。今回は評判から使い方、登録できる証券口座から安全性まで詳しく紹介しました。気になっていた方は参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました