GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧
スポンサーリンク

新興国や先進国の投資信託やETFにインデックス投資をする時はSPIVAというサイトを見よう【リターン比較】

統計分析
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、iDeCoやつみたてNISAに取り組んでいる方が、投資信託やETFを選ぶ際に約立つサイトとなります。

最近は、インデックス投資最強論という考えを聞く事が多いですがそれは市場によって変わると個人的には思います。

よって、今回は主要国の投資ファンドのリターンを確認できる『SPIVA』というサイトを紹介します。

 

スポンサーリンク

SPIVAでリターンを比較

SPIVAは主要国のアクティブファンドとインデックスファンドのリターン比較を確認できる

SPIVAというサイトは、主要国のアクティブファンドとインデックスファンドのリターン差を確認できるサイトです。

最近は、インデックス投資が最強と考える方も多いですが、それはそれぞれの市場によって異なると考えられます。

SPIVA
Explore the active vs. passive investing debate.

主要国のデータを確認して見よう

ファンドリターン

米国市場はインデックスファンド優勢

ファンドリターン

ブラジルはインデックス優勢

ファンドリターン

ヨーロッパ市場はインデックス優勢

ファンドリターン

日本市場はアクティブファンド優勢

アメリカでベストセラーとなり日本語にも訳されている有名な書籍として「インデックス投資は勝者のゲーム」という本があります。

確かに上記のデータを見ても分かる様に、著者の母国であるアメリカ市場では、インデックス投資がアクティブ運用をアウトパフォームしています。

しかし、同じ先進国であっても日本では事情が異なるなど全ての市場でインデックス投資が好リターンを得るとは限らないという事になります。

・アメリカ市場では、インデックス投資が最適
日本市場では、逆にアクティブファンドの方がリターンが良い
それぞれの市場の特性を分析しファンドを選ぶことが大切
同じ先進国であっても、出生率や移民の受け入れ、人口の分布によって経済の将来性は異なります。投資先を選定する際には、過去チャートの検証や投資先の市場の特徴を分析してファンドを選ぶ様にしましょう。

 

コメント