VIXショート(SVXY)投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

管理人のプロフィールはこちらを見てね

おつりで投資サービスのトラノコの特徴と投資の可能性について検証してみた

フィンテック
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

株式投資や投資信託・ETFに投資をしている方にとっては、その他の金融商品への投資のハードルは低いと思います。しかし、投資をいままでやった事はないという方にとっては投資は損をする・危険というイメージが依然としてあると思います。

今回は、投資をやったことがない・興味があるのでやってみたいという方に向けて投資関連サービスである「お釣りで投資をするサービス」であるトラノコを紹介してみたいと思います。

 

https://toranoko.com

 

 

サービスの理念

 

すべての人を投資家に

誰もが投資できる世の中を。夢の実現、豊かな老後など、トラノコは無理なく、簡単に、資産形成できるサービスです。毎日コツコツ長期投資。皆さまの明るい未来づくりをお手伝いします。

おつりで投資のイメージとしては、1円玉や10円玉貯金が投資に変わる様なイメージをして頂けると分かりやすいと思います。

youtube動画もありますのでご興味のある方は、再生して見て下さい。

スポンサー企業
  1. セブン銀行
  2. 野村総合研究所
  3. ニチガス(NICIGAS)
  4. NiSSAY CAPITAL CO.LTD 他

有名企業の支援を受けて運営しています。

スポンサーリンク

トラノコ利用にかかる費用

月額利用料について

月額利用料300円で利用可、最初の3ヶ月間は無料

出金手数料について

1回当たり300円かかり、出金額から控除して振り込まれる。

運用報酬

トラノコに預け入れる資金に対して0.3%(税抜)のサービス利用料がかかります。

手数料に対しての総評

トラノコの運用報酬は、平均的で特別高くもないという感想を持ちました。

やはり、月額利用料300円が引っかかりますね。

余剰資金を沢山持っていれば良いですが無条件に300円の利用料というのは高いという印象を受ける人もいると言ったところでしょうか。

運用方針は3つのファンドから選ぶ

大トラ

大トラはリターン重視のファンド構成となっています。

リターン重視という事で主要な投資先として、

・米国株式
・日本株式
・米国債券
・欧州株式
・新興国債券

で構成されています。

中トラ

中トラは、ミドルリスク・ミドルリターンな運営が目指されています。

構成の比率は高い順に、

・米国債券
・米国株式
・欧州債券
・日本株式

です。

欧米諸国の債券に投資し堅実なリターンを得つつ、米国株式と日本株式にも投資をしてリターンを追求する構成となっています。

子トラ

子トラはローリスク・ローリターンが目指されているファンドとなっています。

構成の比率

・米国債券
・欧州債券
・米国株式

です。

投資先としては、日本より利回りの良い米国・欧州債券が中心となっています。

投資先はファンドによって構成される

トラノコのファンドは、数多くのファンドによって構成されます。

この様な運営形態を

「ファンド・オブ・ファンズ」と表現します。

おつりで投資の仕組み

トラノテック社の提供する「トラノコ 」と家計簿アプリとして有名な

・Money Forward 

・Moneytree

・zaim

でもおつりを設定し運用する事が出来ます。

おつりは100・500・1,000円から選択する

350円の物を買うとすると、

 

100円単位 400円としてカウントし50円がおつりに回る
500円単位 500円としてカウントし150円がおつりに回る
1000円単位 1000円としカウントし650円がおつりに回る

一般的なサラリーマンであれば100円単位もしくは500円単位が現実的な数値といった所でしょうか。

以上の様に設定した金額で買い物の度におつりが計算されて月に一度指定口座から金額が引き落とされます。

さいごに

トラノコ は、今まで当初に馴染みの無かった方やこれから投資を始めてみようという方が新しく始めるには、ハードルが低くどれを選べば良いか分からないという方に分かりやすくコース分けされているなどが良い点だと思います。

しかし、月額使用料が300円かかる事がややデメリットでしょうか

私としては、投資は若い頃から少額で経験を積み重ねる事が大切だと考えておりますのでご興味のある方は是非運用に踏み出してみて下さい。

 

 

 

 

コメント