管理人オススメの資産運用記事とこれまで公開した記事一覧

おつりで投資サービスのトラノコの特徴と投資の可能性について検証してみた

フィンテック
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

株式投資や投資信託・ETFに投資をしている方にとっては、その他の金融商品への投資のハードルは低いと思います。しかし、投資をいままでやった事はないという方にとっては投資は損をする・危険というイメージが依然としてあると思います。

今回は、投資をやったことがない・興味があるのでやってみたいという方に向けて投資関連サービスである「お釣りで投資をするサービス」であるトラノコを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

トラノコってどんなサービス?

トラノコとは、「おつりで投資をする」といコンセプトから生み出されてフィンテック(金融)サービスです。

トラノコは投資初心者である程度資金のある人にオススメ!

トラノコは、投資初心者が分かりやすい3つのコースが設定されています。

しかし、トラノコの評判をブログで見てみると・・・

ブロガー

月額使用料が300円で高い!

という情報ばかりが検索にヒットします。

しかし、それは投資資金が少額である事が関係しています。これから投資をしようと考えている方である程度資金を持っている人やある程度投資に精通している方にもトラノコはとてもオススメ出来るサービスです。

サービスの理念

すべての人を投資家に

誰もが投資できる世の中を。夢の実現、豊かな老後など、トラノコは無理なく、簡単に、資産形成できるサービスです。毎日コツコツ長期投資。皆さまの明るい未来づくりをお手伝いします。

おつりで投資のイメージとしては、1円玉や10円玉貯金が投資に変わる様なイメージをして頂けると分かりやすいと思います。
 

youtube動画もありますのでご興味のある方は、再生して見て下さい。

スポンサー企業
  1. セブン銀行
  2. 野村総合研究所
  3. ニチガス(NICIGAS)
  4. NiSSAY CAPITAL CO.LTD 他

有名企業の支援を受けて運営しています。

スポンサーリンク

トラノコ利用にかかる費用

月額利用料について

月額利用料300円で利用可、最初の3ヶ月間は無料

出金手数料について

1回当たり300円かかり、出金額から控除して振り込まれる。

運用報酬

トラノコに預け入れる資金に対して0.3%(税抜)のサービス利用料がかかります。

スポンサーリンク

月額利用料300円は高いか?

トラノコの運用報酬は、平均的で特別高くもないですが、少額資金の場合は月額利用料300が引っかかりますね。

しかし、ここで思考停止してしまってはいけません。月額利用料300円と運用報酬0.3%というのは考え方によっては有利に働く可能性もあります。

次にトラノコ出運用する商品について見てみましょう。

運用方針は3つのファンドから選ぶ

大トラ

大トラはリターン重視のファンド構成となっています。リターン重視という事で主要な投資先として構成されています。

・米国株式
・日本株式
・米国債券
・欧州株式
・新興国債券
リスクをとって運用!

大トラはリスクをとってでもプラス運用を目指したい方にとってオススメのポートフォリオ構成です。

同じ様なポートフォリオを有名なwealthnaviの自動売買やアクティブファンドで資金運用すると信託報酬として1%程度の手数料が徴収されてしまいます。

手数料の観点で言えば、トラノコの信託報酬はかなり良心的な部類に入ります。

中トラ

中トラは、ミドルリスク・ミドルリターンな運営が目指されています。構成の比率は高い順に、

・米国債券
・米国株式
・欧州債券
・日本株式

です。

値動きに一喜一憂したくない方向け!

中トラは、欧米諸国の債券に投資し堅実なリターンを得つつ、米国株式と日本株式にも投資をしてリターンを追求する構成となっています。

せっかく投資した資金が大きく目減りするのも嫌だけど全く値動きがないのも退屈であると言った方には中トラがオススメ出来る設定です。

子トラ

子トラはローリスク・ローリターンが目指されているファンドとなっています。

・米国債券
・欧州債券
・米国株式
リスクは最小限にしたい!

小トラの投資先としては、日本より利回りの良い米国・欧州債券が中心となっています。

株式投資の様に定期的に来る暴落が嫌だという方には、小トラでの安定的な運用をオススメします。

スポンサーリンク

おつりで投資の仕組み

トラノテック社の提供する「トラノコ 」と家計簿アプリとして有名な

Money Forward 

Moneytree

zaim

でもおつりを設定し運用する事が出来ます。

おつりは100・500・1,000円から選択する

350円の物を買うとすると、

100円単位 400円としてカウントし50円がおつりに回る
500円単位 500円としてカウントし150円がおつりに回る
1000円単位 1000円としカウントし650円がおつりに回る
 

一般的なサラリーマンであれば100円単位もしくは500円単位が現実的な数値といった所でしょうか。

以上の様に設定した金額で買い物の度におつりが計算されて月に一度指定口座から金額が引き落とされます。

実際の投資運用している様子

投資をすると日々の値動きがグラフ化されます。

背後には透かしで相場の状況が表現されます。上がる日もあれば下がる日もある事は心に留めておいて貰いたいと思います。

オススメの設定

トラノコは、資金を30〜40万最初に入れて利用を開始すればウェルスナビにも負けないアクティブ運用型の自動運用システムになり得ます。

スポンサーリンク

さいごに

トラノコ は、今まで当初に馴染みの無かった方やこれから投資を始めてみようという方が新しく始めるには、ハードルが低くどれを選べば良いか分からないという方に分かりやすくコース分けされているなどが良い点だと思います。

投資に興味があって、ロボアドバイザーでの運用を考えている方には、是非トラノコの方での運用をオススメしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました