GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧

NISAやiDeCoに取り組む方に贈る!投資信託とETFの違いを知り新たな投資に活かそう

株式投資
スポンサーリンク

日経平均株価は、現在22,000~23,000円のレンジ相場を作っていてどちらに行くかはっきりしない相場が続いていますね。
私は、相場の上下を気にする事があまり好きではないので基本的には、バイアンドホールドとインデックス投資を投資の中心としています。

インデックス投資については、NISA(積立NISA)とiDeCoを使ったインデックス投資を読んで見てね。
投資初心者におすすめ ~NISA・ideco で行う資産運用 インデックス投資~
この記事は、NISA、つみたてNISA、idecoの運用商品の選択に困っている人や 個別株投資に息詰りを感じている人に届けたい投資方法です。

今回は、バイアンドホールド戦略にぴったりな金融商品である投資信託ETFについて記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

投資信託とETFのイメージ

投資信託にどんなイメージをもっていますか?

私は、投資を始める前まで投資信託という言葉を聞くと銀行の担当者や窓口の担当から高い金額で買い取って損をするというイメージがありました。
しかし、最近はiDeCOやNISA、積立NISAを始める人々が増え始めたことで投資を志す人達が増えてきて随分と変わってきた様な印象をうけています。

投資信託とETFの違い

投資信託とは?

投資運営ファンドが直接販売していたり証券会社に販売を委託していたりする金融商品の事です。投資内容としては、日経平均株価やTOPIX、金価格など様々な指数との連動を目指すもしくは指数を超える様な運用を目指す商品があります。

投資初心者におすすめ ~NISA・ideco で行う資産運用 インデックス投資~
この記事は、NISA、つみたてNISA、idecoの運用商品の選択に困っている人や 個別株投資に息詰りを感じている人に届けたい投資方法です。

ETF(上場投資信託)

ETFは「Exchange Traded Fund」という頭文字をとった金融用語です。日本語に置き換えると、取引所で売買が行える投資信託という意味になります。その為、投資信託でありながら株式の個別銘柄と同じ様に売買を行える金融商品です。

投資信託とETFの特徴

投資信託 ETF
信託報酬 ETFより高い 投資信託より安い
販売会社手数料 なし

なぜ、ETFの信託報酬は安いのかというと証券取引所に上場している=販売会社手数料が必要ないから投資信託より低コストで運営する事が可能だからです。

販売手数料とは?

①購入時手数料

購入手数料は、投資信託ごとに違う(あくまで上限の金額を明示しているに過ぎません。
つまり、上限金額を超える手数料を設定しなければ割引額は、投資信託を販売する金融機関に委ねられているということになります。その為、基本的にはネット証券の手数料の方が安いことが多いです。そして、購入時手数料は販売した金融機関の収入となります。例外として、ノーロードファンドという購入時手数料を設定しない投資信託もあります。パッシブ(インデックス)投資で株価指数に連動した金融商品にノーロードファンドか多い傾向があります。

②信託報酬(運営管理費用)
信託報酬(運営管理費用)は、投資信託を1年間保有するコストを%表記で示してしています。

例:10万円の投資で信託報酬が1% ⇒100,000×0.011,000

つまり、上記のファンドを保有する場合には、1年間で1,000円のコスト(経費)がかかるということです。

アクティブファンドが、インデックスファンドと比較して信託報酬が高い理由は、投資対象となる企業の調査費や保有するポートフォリオをその時々で回転させる為、売買コストが嵩むからです。しかし、多くのアクティブファンドは、そうした投資コストを上回る成績を出し続ける事は困難であり、結果としてあまり突出した運営成績を上げられれない事が多いと言われています。

信託報酬の分配は「受託会社・販売会社・信託会社」で行われます。

ひとつずつ見てみましょう。

  1. 受託会社
  2. 資産運用会社(プロの機関投資家)のことを表しています。

  3. 販売会社
  4. 金融機関(証券会社や銀行)のことを表しています。

  5. 信託会社
  6. 信託銀行のことを表し、運用会社からの指示に基づいて売買注文を行ったり、購入した金融商品の管理業務を行います。

まとめ

投資信託は、各ファンドが同じ様な商品設計をもって投資を募っていて迷う事が多いと思います。
そういう方は、ビジネスシーンを思い出してみて下さい。会社で備品を買う際には、同じ製品を買うにしても相見積もりをとり比較検討をした上で購入するはずです。また、日常生活においても家電等を買う際には入念に下調べをして買う人が多いと思います。金融商品もそれと同じ様になんとなく儲かりそうといった軽い気持ちではなくコストや製品の中身を吟味して買うようにしていきたいですね。

コメント