管理人オススメの資産運用記事とこれまで公開した記事一覧

One Tap BUY10倍CFDサービスについて調べてみたよ

証券会社
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

スマホで米国株が簡単に買えるでお馴染みのOne Tap BUYでCFD(差金決済取引)を行えるサービスが登場しています。

CFD取引は、一般の方もご存知のFXと似た性質を持っていて、口座に入れたお金にレバレッジをかけて相場の上昇もしくは下落を当ててお金を稼ぐという仕組みです。

今回は、One Tap BUY 10 倍CFDとはどの様なサービスなのか調べてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

One Tap BUY 10倍CFD

画像引用:One Tap BUY 以下も同様

シンプルな操作画面なので使い勝手は良いです。

既にOne Tap BUYのサービスを利用して入ればより簡単に取引できます。

そもそもCFDって何?

投資に触れていない方や投資経験の浅い方は、CFDといっても余りピンと来ないかもしれません。

CFDは、日本語に直すと差金決済取引という言葉になります。これでも分かり辛いですね。

普通株式投資であれば、投資先が倒産でもしない限り投資元本が完全になくなることはありません。

一方で、CFDでは取引の仕方次第であっという間に投資元本が無くなってしまう可能性を秘めています。

株式投資を例にとってイメージしてみます。

・株式投資の現物取引は、1万円で1万円分のポジションしか取れません

・株式投資の信用取引は、1万円の保証金を担保にして証券会社からお金を借りて3万円分のポジションをとる事ができます

・one tap BUYのCFDは、1万円を担保にして10万円分のポジションをとる事ができます。

いかがでしょうか?

CFDは、思い通りに相場が動けば通常の株式投資の10倍の速度でお金を儲けられますが、逆の方向に進んでしますと10倍の速度で資金を無くしてしまうという取引です。

より詳しい内容が知りたい方は、以下の記事をご覧下さい。

【くりっく株365】CFD(差金決済取引)について【店頭取引・FX】
くりっく株365、FXとの違い、差金決済取引、金利等の説明をしています。

ロスカットは証拠金維持率80%以下

ロスカットは、証拠金維持率が100%以下でロスカットアラートが告知され、80%を切った時に強制決済(損失の確定)が行われます。

取引の流れ

この辺りの仕様は一般的な株式等と同じです。

取引銘柄は2種類

One Tap BUY 10倍CFDの取扱銘柄は、日本の株価指数である日経平均株価先物225先物アメリカの株価指数S&P500です。

アメリカの証券取引所の先物価格と連動している為、国内の日経平均やS&P500との価格にズレが出る可能性もあります。

決済方法が独特

One Tap BUY 10倍CFDは、FXと同様に売り注文から取引を行う事もできます。

しかし、保有ポジションは一括決済しか行えません。

 

う〜んこの仕様は微妙な気がしますね。

初心者に分かりやすい取引仕様なのかも知れませんが相場状況に応じて少しずつ利確している方法が使えないというのは個人的には余り魅力を感じません。

 

入金手段が貧弱

One Tap BUY 10倍CFDの入金は、平日の9時から15時に限られます。(そして即時入金でない)

前述のロスカットアラートを受け取っても上記の時間内に着金しないと強制ロスカットとなり損失が確定します。

うーん、批判ばかりしたくないですがいくらほぼ24時間売買できると言っても入金できなければ相場急変時にどうしようもありませんよね、

 

スポンサーリンク

さいごに

今回の試みは、これまであまり投資をした事のない方に手軽にレバレッジをかけて投資が出来るというコンセプトだと思います。

しかし、その内容を見るとしてある程度投資に取り組んで来た方には物足りないサービスに感じるのが本音です。

逆にこれから投資に取り組んでみようと考える方には投資を身近に感じられて良いのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました