GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧
スポンサーリンク

奨学金を無駄にしない為の思考法と学生時代には好きなことを見つけよう

雑記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、奨学金を借りる意味と学生時代にこうすべきであったという体験談を記事にしてみました。

スポンサーリンク

奨学金とは?

奨学金とは、大学や大学院・専門学校・高等専門学校・短期大学に進学を目指す学生が日本学生支援機構から借りているもしくは給付されているお金のことを言います。

大学の教育機関に進学する学生の2.3人に一人が借りていると発表されています。

多くの人にとって奨学金は実質的な学資ローン(貸与型奨学金)

奨学金は、返済の義務のない給付型と返済義務のある貸与型の2つに分かれています。

給付型は、経済的に困窮していると認めて貰えなければ借りることは出来ません。

一方で貸与型奨学金は、利子の返済が不要な第1種と低率ながら利子の返済が必要な第2種奨学金に別れます。

スポンサーリンク

奨学金は将来の自分への借金

私は、大学進学に伴い第1種奨学金を借りていますが、正直後悔しています。

ここからは、私の反省を踏まえてこれから奨学金を借りようとしている方や今まさに奨学金を借りているという方に向けて私の考えを述べていこうと思います。

奨学金は自分への先行投資

奨学金を借りているという事は、先程も確認した様に実質的な学資ローンであり現在の自分への投資であると言えます。

奨学金とは、他人の資本を借りる事で会計的には、将来の負債を作っている事になります。

つまり、在学中に注力すべきなのは、将来お金を稼ぐための力を身につける事であり、時給で働くアルバイトではなく学生の本分である学業や時間が無いと出来ない学外活動(海外への旅行や学生団体での組織運営)などです。

社会に出た後に入学した時以上の資産を身につけていなければそれは、時間とお金という2つの資本を無駄にしていることになります。(偉そうに言ってますが私は何となく大学時代を過ごしてもの凄く後悔しています。)

学生の内に自分の稼ぐ能力である時間単価を高めよう

お金を稼げる人というのは、何かしらの他人よりも抜きんでた能力を持っている人です。

こんな行動がオススメ!

・学生時代に学会で発表出来るほど研究に没頭する(専門性を獲得)

・学生団体に所属して組織運営について学ぶ(ベンチャー企業に就職したいのであれば団体としての親和性が高い)

・将来何がしたいのか分からないのであれば学生の特権である沢山の時間を活かして何でもいいからやってみて自分の得意とする事を突き詰める(他人には無い特徴)

・インターンシップに参加して好きな業界や仕事を探してみる(組織が合わないなら個人で稼げる方法を調べて努力してみる)

・商売に興味があるのであれば、せどりやハンドメイドの品物を自分で作って売る・洋服をリメイクしてオークションに出す(ビジネス思考の獲得)

学生の時に、一生懸命取り組むべき事であるのは、言葉が悪いかも知れませんが誰でも出来るアルバイトではなく、今後の人生の競争相手である同級生や年齢の近い先輩が持っていない能力を身につける事です。

現代の日本では、物やサービスが溢れていて中々ハングリー精神を持ち合わせた学生が年々少なくなっていると私の所属している会社では話題になっています。

インターネットは、完全にインフラ化してSNSが社会の隅々まで行き渡って他人の行動が逐一目に入り横並びが求められるからこそ若い内から他人以上の努力をする習慣が身についていれば自分の将来をより明るい方向に持っていく事が出来ます。

私はそもそも他人にそこまで興味がある人間ではありませんでしたが、ブログを始めてからは身近な人達が興味を持っている事は世の中のスタンダードな関心事項だという事に気付いてからは関心を持てるようになりました。

また、好きな事は突き詰めると専門性に繋がるので他人の好きな事を聞く事で自分が知らなかった分野の知識が蓄えられ自分の将来の選択肢や行動の幅の拡大に繋がります。

スポンサーリンク

学生時代は何でもいいから没頭できる事を見つけよう

下らない話を長々と書いてしまいましたが、私の結論は学生時代は自分の好きな事を見つけて取り組む事で奨学金が無駄にはならないと思います。

自分の未来を自分で切り開いていけると人生が楽しくなるのではないでしょうか?

では、また別の記事でお会いしましょう!

コメント