VIXショート(SVXY)投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

投資と金融用語の解説・オススメ記事の紹介はここをクリック

金投資って何?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金投資について

金の特徴

貨幣が登場するまでは、通貨の代わりとして利用されていた歴史(金本位制)があります。

皆さんも、一度は「有事の金」という言葉を耳にしたことはあるのではないでしょうか?

そうです、金は戦争や経済危機、自然災害が起きた時に大きく値動きが生じる傾向があります。

株式や債券は最悪の場合無価値になる事がありますが、金投資の場合は完全に価値がなくなるという事はありません。それは、金自体にその価値がある為です。

金価格の変動要因は?

ドル建取引で売買される性質もあり、あめりかの景気が上向きの時は金をドルに変えられる事が多い=金価格が下がる。

逆に、経済不況や地政学リスク、戦争リスク等が高まる時は高リスクの株式や金融商品が売られ市中にドルが増加するのでそのドルの行先として金が買われる傾向がある=金価格が上がる

また、金ETFの登場により、株式保有のヘッジとして定期的に金ETFの購入され中長期保有される事が多くなった。つまり、金価格の価格下落の下支えをしている事になります。

金投資のデメリット

取引が米ドル建運用を必要とする=為替変動リスクがある。つまり金の価値が上がっても円安になるとドルを円に両替した時に元本割れする可能性がある。長期保有しても、利息・配当はない。

金投資を行う方法

  • 貴金属メーカー等から現物の金を買う。メダル形状の物が一般的ですり
  • 貴金属メーカー、証券会社、銀行をつうじて純金積立を行う。
  • 証券口座を開設し、証券会社を通じて、市場で金ETF上場投資信託を買う。
  • 金オプション売買(コール買い、コール売り、プット買い、プット売り)

現物で保有するのは危険ですので、証券口座を開設して、ETFを買い付けるのがおススメです。

金投資の方法

貴金属メーカー

田中金属工業株式会社

田中貴金属工業株式会社
田中貴金属工業公式サイト。最新の貴金属価格情報や地金・コインの取引・積立など田中貴金属の商品・サービスをご案内します。

結論

上記の特徴からも分かる様に、金に資産の大部分を投資するのは賢明な判断とは考えられません。お金は、インフレ等が進むと価値が下がるので、あくまで有事のに備えて預金の一部を金に変える様な感覚で持つと良いのではないかと思います。

為替リスクや金の特性を考えると円安が進み株式市場が右肩上がりの際に株式等で儲けた利益の一部を金投資に向ける事が良いと考えられます。

コメント