GMOクリック証券のVIX投資の記事はこちら
うどんの国出身のサラリーマンが100万円から脱サラを目指し奮闘するブログ

当ブログは、投資や相場など金融市場に対する情報を中心に発信しています。
投資経験は、日本株・米国ETF・VIX指数・先物・オプション・CFD・FX・クラウドファンディング・シストレです。

当サイトでこれまで公開した記事一覧
スポンサーリンク

私がなぜVIX指数に投資するのかについての理由をまとめて見たよ

備忘録・トレード論
スポンサーリンク

 

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。

今回は、私がVIX指数投資に取り組む理由について記事を書いて見たいと思います。

 

スポンサーリンク

私がVIX指数に投資する理由

VIX指数を見ることで株式相場の状況を見る習慣が出来る

VIX指数は、別名として恐怖指数と呼ばれる様に暴落する際に指数が急騰する性質があります。

私は、普段GMOクリック証券やくりっく株365などのCFDで日経平均やNYダウなどの株価指数を取引しており、毎日相場を観察する事を習慣としています。

その際に、VIX指数に投資をしていれば、ポジションを持っているので、今日の相場はどんな感じかなと必然的に相場を見る事になり株価変動に対してアンテナを貼る事が出来ます。

また、VIX指数が下げどまり上昇を始める兆候が見えればポジションサイズを調整したりその他の暴落シグナルを見たりするなどリスク管理に敏感になれることがメリットです。

将来的なオプション取引へ取り組む際の練習

私は、現在ブログで資産状態を公開している様に本当に平凡なサラリーマンに過ぎません。

VIX指数を取り扱っているブログはいくつかありますが、私を含め十分にそのリスクを伝えきれてはいないと思います。

VIX指数をショートするというのは、アメリカのS&P500という株価指数を実質的には株価が上昇・横ばいになる事を前提とした投資方法です。

言い換えれば、VIXショート(ボラティリティーショート)は、実質的にS&P500の株価指数を空売りしているのと同じポジション構成です。

VIXショート=オプションのプット売り=S&P500の空売り

オプションの売りというのは、3大利殖に数えられる様に膨大な資金があればかなりの確率で儲けを出すことの出来る投資方法と言えます。

それは、市場の暴落リスクを受け取る代わりにオプションプレミアムというお金を貰うという投資になります。

資金が大きくなった時は少しずつオプション取引にも挑戦したいと考えているので、現在は少額から取り組めるVIX指数について理解を深めようと勉強しているところです。

VIX指数の数理は理論上、下値や上値の目処は付きやすい為取り組み易いと勝手に判断して投資に取り組んでいます。

 

コメント